高木ぶんどう 〜福井市のラストチャンス〜「最後の挑戦。」

 出馬表明

「最後の挑戦。」
〜福井市のラストチャンス〜

2007年12月6日
高木ぶんどう

いま、福井市は危機に陥っています。1年9ヶ月前に就任したばかりの坂川優前福井市長が病に倒れて、10月末に志半ばで辞職。新しい福井市のリーダー選びが始まっていますが、現在のところ、名乗りを上げているのは東村新一・前副市長と共産党の西村高治・元市議だけです。これまで福井市役所生え抜きの村尾敬治・企業管理者が出馬の意向を固めながらも断念、さらに、自民党県連幹事長の前田康博県議が市民不在の市長選に抗議する形で「市民の信任を問う」と立候補を表明したものの、またもや出馬を断念するという異常な事態となっています。

どうしてこういうことになるのでしょうか。東村新一・前副市長は福井県庁の職員です。前回の福井市長選挙で坂川優・前市長を県庁ぐるみで応援した西川知事がお目付け役として送り込んだ人物です。坂川優・前市長が倒れて、今度は、自分の部下を市長にしようとしているのです。しかも、こうした非常識な動きに市議会の三会派、経済界、(労組)連合までが「長いものに巻かれろ」と合流して大連立・オール与党体制が組まれようとしています。そして、こうした動きに反発して立ち上がった村尾・企業管理者や前田康博・県議は、得体の知れない巨大な力にねじ伏せられるように出馬を断念させられています。

これを「談合選挙」と呼ばずして、何と呼びましょうか。選挙で民意を問う前に、一部の人たちが密室の中で談合して自