支持者の日記 2003年 9月
(日記の投稿はこちらからどうぞ)
・・・・・・・・・・

9月30日(火曜日)

金木犀か・・・
さつきまつ 花橘の 香をかげば 昔の人の 袖の香ぞする
geminiさん
・・・・・・・・・・

9月29日(月曜日)

支援者のみなさ〜ん、お元気ですか。(^!^)(^!^)さんは元気ですよ〜。帰宅すると裏庭から「鈴虫の鳴き声」が聞こえて来ます。秋なんだな〜と思う。時間は止まる事が決してない、決して待ってくれない。状況変化に対する心備えと思慮深い人間に成りたいと思うね〜。「高木文堂」は福井県民のために献身したいと熱く燃えている。彼の願望を満たしてやりたいと思う「支援者集団、後援会」は今尚健在であるから不思議だ。利権に絡んだ支援者達は選挙に負けると「バラバラ」に解散するが、私達はそうではありません。「高木文堂」の何に魅力を感じるのだろう?政治家は二世議員が急増。引退議員は親族に権力継承を考える。自民党公認争いで県民の意見は無視の様な、この時期に「常識在る福井県民を信じて」・「常識在る無党派層の人達を信じて」・・果敢にチャレンジして休まず、立ち止まらない・・「高木文堂をサポ−ト」願いたい。彼をして「福井県が必ず変わる」。
(^!^)(^!^)たより
・・・・・・・・・・

9月24日(水曜日)

秋分の日『お彼岸のお中日』と言います。私は年に2回の大般若心経を聞きに三方石観音へ行きました。毎回何か教えを頂きます。今回は、私の一番の苦手としていた周りの雑音でした。私は2時前にお御堂に着き、献灯・献香を終え場所を探していましたがどなたも譲ろうとしていただけません・・・。少し空いていた隙間に丁重にお願いして座らせて頂きました。廻りはすでに70歳は超えている方々で埋め尽くされいよいよ大般若心経の始まりです。三帰依を座ったまま行い三回私もご一緒に唱えました。まわりの方々も一緒に唱えていました。そしていよいよ10冊が5回、全てのお経典が全員の前で開かれまるで扇が開くように見事に読まれます。これを楽しみに春から半年お詫びや反省又誓いを託しながら聞いていました。すると話し声が聞こえてきます。最初はとても不愉快で仕方ありませんでした。しかしふと心を落着けた時に観音川の水の流れと、虫の声、そして大般若心経この3つしか聞こえなくなったのです。なんと不思議な事と思いながら、なるほどこれかと悟りました。それから私は今までの自分に反省しました。そして最後にお坊さんのお説法やはり愛眼・愛語でした。教えは一つでした。帰りに運転していてふと『人の信念岩も通す』なぜかこの言葉が頭から離れませんでした。このきずきが無ければ私は又いつまでも回りの言葉に振り回されたり、中傷にいちいち耳を傾けたり話をしている方々に怒りを投げていたと思います。感謝の一日でした。
akoさん
・・・・・・・・・・

9月23日(火曜日)

 老人党のホームページを見ました。なだいなだ氏は国を憂えていますね。はっきりわかったことは、心ある国民は、しがらみのない、市民の常識に反しない、まっとうな政治家を望んでいることです。
 文堂さんは、福井の宝であると思います。負けないでください。夜明け前の闇が一番濃いといいます。朝はもうすぐそこにきているのかも知れません。
カナリアさん
・・・・・・・・・・

9月23日(火曜日)

 人を驚かせたり人に期待を抱かせることくらいは凡庸な人間でもできる。要は結果を出せるかどうかなのだ。これまでの小泉内閣は人気だけが先行し中身が無かった。
 盟友の山拓を身代わりにしてまでも竹中大臣を守った首相。2幕目の小泉劇場の始まりだ。役者はまあまあだ。細かいセリフも聞き逃さず観ていきたいと思う。居眠りや弁当を食っている時間はなさそうだ。
三国町 トンペイさん
・・・・・・・・・・

9月22日(月曜日)

 支援者のみなさ〜ん、お元気ですか・(^!^)(^!^)さんは頑張っていま〜す。自民党総裁選挙の結果はおおむね予想通りでしたが、安部幹事長は予想してなかったな〜・・さすが小泉総理で、凄い戦略家の様です・・次期衆議院選挙等国政選挙の結果では県政も大きな変貌を見る・・「破壊から創造に」・・松下電器産業の中村社長が社長就任の際に、過去の負の項目を完全破壊して初めて創造が始まるとのメッセ−ジした通りだと思う。数日前に発行された「北陸政界」には興味深い記事が掲載されている、その中の一コマに「高木文堂」が最終的に目指すは福井県知事ではあるが、4年間の空白を埋めるべく、何かアクションを起こす事は既成の事実の如く言われている云々。高木文堂は福井県に必ず必要な政治家に成る!彼が持っている政治能力、政治手腕を発揮できうる立場にさせてあげたいと思う!
(^!^)(^!^)たより
・・・・・・・・・・

9月21日(日曜日)

 お昼に流れた安倍幹事長人事には驚きました。いくらなんでも、当選3回の閣僚経験もない議員を自民党ナンバー2にいきなり登用するなんて、今までの常識ではありえません。幹事長に報告を上げる立場の中川国会対策委員長が当選7回ですから、カルロスゴーンも真っ青の逆転人事です。
 この人事には小泉総裁の「本気」が感じられます。安倍新幹事長のインタビューを聞いても「党と国民のために結果を出す」と言い切っており、非常に好感度は高いと思います。
 今の時代は、どれだけ自分を追い詰められるか、どこまで自分を捨てられるかの勝負になってきたような気がしています。妙な余裕は緩みとなります。緩んだ瞬間にジャイアンツのような常勝チームがタイガースに叩きのめされる時代になったと感じます。
 いい時代か悪い時代かといえば、確実にいい時代になったと考えます。「中央とのパイプに頼ってお気楽な地方自治」などという幻想を早く捨て、戦闘態勢に切り替えた地域のみが勝利の美酒に酔える時代です。文堂さんを中心に、頑張りましょう。
オレンジリボンさん
・・・・・・・・・・

9月21日(日曜日)

お役所の監査について話を聞くことがありました。お役所の監査は形式が整っているかが問題にされます。規則が社会一般の感覚とはズレが生じていたとしても、定められた手続きが守られているかが問われるので、お役人さんは、仕事の内容よりも書類上のことに労力を費やします。だから、お役人のなかでも上手な奴は、より大きな施策上の問題から目を逸らさせるために、あえて事務上の些細なミスが見つかるようにしたりもするようです。極端な例では、書類上1円合う合わない程度の指摘を土産に、監査員に帰ってもらうこともあるそうです。コップの中の世界ですね。
HAJIMEさん
・・・・・・・・・・

9月18日(木曜日)

 文堂さんが八幡さんについて書いておられましたね。メディアの本音の本音を討論する愛川欽也のパックインジャーナルの常連のコメンテイターですが、文堂さんは良い人脈を持っておられる。
 ところで、阪神が優勝しましたが、なんかいいことありそうな予感があります。阪神が優勝すると関西の市場にお金が流れる。福井県も潤う。といいですね。
カナリアさん
・・・・・・・・・・

9月16日(火曜日)

 支援者のみなさ〜ん、お元気ですか。(^!^)(^!^)さんは、メチャX2・・ハピ−で在ります。9回赤星がライトオ−バ−した時は、テレビの前でトンペイさんの言われる通りの状態だった。ヤクルト戦が大変気になりつつソファ−で寝入っていた様だった。大阪の娘から電話!・・「お父さん見てる?喜んでるやろ〜」電話を受けた家内が何で??娘曰く、「何!、テレビ見てないの〜今、星野監督のインタビュ−してるよ〜・・お父さん寝てる何処やないよ〜」優勝決まったって言葉に表せない喜びが溢れてくる。テレビ画面を見ながら拳を握りしめ、拳を振って六甲おろしを歌いつつ、(^!^)(^!^)さんは泣いていた。その様子を見て家内は、「私は阪神フアンだがそこまではないわ〜」だった。でもこの涙は、何でだろう〜自分でも不思議だ。でも胸が熱くなり涙が出てくるからしょうがない。球団旗を先頭にグランド1周する間(^!^)(^!^)さんは涙していたな〜。これで何か大きな変貌を見る。政治的にも経済的にも。経済効果試算は6,355億円とも言われ、さらに日本シリ−ズで勝利し日本一になったら、日本経済はこれを継起に大きく好転するはずだ。(^!^)(^!^)さんは信じて疑わない。
 巨大な権力志向が、利権政治が大きく変貌し崩れていく。努力は必ず報われる。今後は「変わらなきゃ、福井県」・・「高木文堂」を福井県は必要としてくる。前回知事選挙では巨大権力組織の力に「草の根・ボランテイア−」組織がわずかに押し切られたが、必ず阪神タイガ−ズの如く完全復活する。文さん頑張れ。。
人格を失った(^!^)(^!^)たより
・・・・・・・・・・

9月16日(火曜日)

 タイガースファンの皆さんおめでとうございます。狂喜乱舞しているニコニコさんが目に浮かびます。18年も待たされたのですからね(すると今度は2021年か)。タイガースが優勝すれば景気がよくなる、家庭が円満になる。日本シリーズでは私も阪神を応援させていただきます。
 ダメ虎が変わった。次は福井県の番ですね。高木文堂が知事になれば景気がよくなる、家庭が円満になる。文堂さんが当選したら私も戎橋から飛び降りるかも。ビールかけもやってみたいな〜。
 さて来年もタイガースが優勝すればいまだG中心のプロ野球の構図が変わることでしょう。ぜひそうして欲しいですね。来年も期待してるぞ仙さん。しかし惜しむらくは今日が新聞休刊日だったということかもしれませんね。まっいいか、そんなことどうでも。
三国町 トンペイさん
・・・・・・・・・・

9月13日(土曜日)

 今日は三国町の全小学校で運動会が行われました。朝から強い風が吹き荒れ、それでいて大変に蒸し暑い日でしたが、うちの小学校も何とか無事に終わりそれなりに楽しい運動会であったと思います。
 運動会も終わりに近づいたころ、ふと見ると保護者席や来賓席を今秋にも予想される衆議院議員総選挙に立候補を予定されている方が秘書らしい方とお二人であいさつ回りをされていました。そういえば私も知事選挙の前に文堂さんと坂井郡内で集会や宴席のあいさつ回りをしましたが、半年前の自分を見ているような、そんな感じがしました。
 やはり同類相憐れむというか、その方に「暑い中ご苦労様です、がんばってくださいね」と言うほかなかった私でした。
三国町 トンペイさん
・・・・・・・・・・

9月12日(金曜日)

支援者のみなさ〜ん、お元気ですか(^!^)(^!^)さんは待ちに待った阪神タイガ−ズの優勝を待っています・・長きにわたり屈辱の連続でした、負けても負けても阪神戦を野球中継した・・「近畿放送テレビ」は立派だった・・当時(^!^)(^!^)さんは現在の様にテレビに「かじりつき」で応援できなかった・・弱い阪神が頭に来る!でも中継が気になり他の番組を見ていても・・「コマ−シャル」に成ると必ずチャンネル移動していた・・負けていた記憶しかないな〜、勝っていたはずが最後は落胆させられた・・過去にこの様な惨めな思いを何回しただろう、亡き父は阪神大好き人間でその影響を(^!^)(^!^)さんは受けている、役所努めで役所の野球部監督だった父は私に「グロ−ブ」や、田舎では誰も持ってない様な「ゴムスパイクシュ−ズ」を買って来て、キャッチボ−ルの相手をさせた、父の球が速く怖かった事を覚えている・・川藤は(^!^)(^!^)さん達と同世代で若狭出身だ!・・唯一1985年の優勝胴上げの時には、監督が最初で、岡田選手、バ−ス選手・川藤選手も胴上げされた??・・確か父が川藤が胴上げされたと、何回か言ってた様な記憶を持ってるがな〜本当かなどうか解らない。
当時35歳の私は何も解らず「ベンチャ−起業を立上げ、父が資本を私に投資していた」・・この年を機会に成長の一途で・・大きく飛躍させて頂きました。阪神タイガ−ズの優勝は(^!^)(^!^)さんは勿論、支援者のみなさんも元気にする。素晴らしい週末をお過ごし下さ〜い・・
人格を失った(^!^)(^!^)たより
・・・・・・・・・・

9月9日(火曜日)

東京からのお客様に聞かされた話です。
駅でタクシーを拾ったら、運転手さんが白髪のおじいさんで、なんとなく不安には感じたそうですが、「○○までお願いします」と乗ったところ、「えっ?初めてのとこじゃないやろ。着いたら教えて」と言われ、ますます不安に思ったそうです。それで、目的地に近づいたので、「そこの○○で降ろしてください」と言ったところ、運転手さんが「えっ?」とモタモタしているうちにメーターが上がってしまったそうです。そして、その運転手さんからは「メーターのことはどうにもならんでの」との一言だけだったということで、怒りを通り越して、呆れてしまったそうです。
福井という土地についてのイメージが、こういったことでつくられることに、考えさせられてしまいました。
osogamiさん
・・・・・・・・・・

9月8日(月曜日)

支援者のみなさ〜ん、お元気ですか。(^!^)(^!^)さんは大変喜んでいま〜す。金曜日の夜は明日から2連休なので、リラックス(余裕の気持ちあり)してテレビの前に座った。阪神がリ−ドされていた。当社の社員がインタ−ネットオ−クションで1塁側外野スタンド席を通常の約2倍くらいで仕留めた。2席だ。(^!^)(^!^)さんはドクタ−ストップ中なんです!ゴルフのグリ−ン上でいらいら興奮しない様に・・私が甲子園で興奮しない様に・・よって彼は彼女と私のぶんも応援に行ったのです。なのにリ−ドされてるではないか。即携帯電話して、応援が足りないのでは?でも黙してしまう。電話の向こうは興奮の坩堝(るつぼ)だった。(^!^)(^!^)さんは甲子園にいきた〜い。時は過ぎ去り、矢野がサヨナラホ−ムランした。その直後だ。自宅に電話が入る。もしもし・・、「最高〜最高ですわ〜」・・言葉になってないじゃないか!「ごくろうさ〜ん」
支援者のみなさんにお許し願いたい。しばらく人格を失った(^!^)(^!^)さんが登場するかもしれません。本当はまじめな素敵なビジネスマンですがね〜、これだけは止まりませ〜ん。お許し下され〜。今週も祝福があります様に。
(^!^)(^!^)たより
・・・・・・・・・・

9月7日(日曜日)

 IT化で人件費が抑制され、仕事が人間を疎外している流れにあります。職と食が十分であれば生きていけるものです。リストラの恐怖に日本人は怯えています。
 なぜ、こんなことになってしまったのでしょうか。中国のWTO加盟で一気に世界の工場になってデフレが進行したからでしょうか。金融監督庁がマニュアルで中小企業を経済的にジェノサイドしているからでしょうか。
 今、日本人にとって一番必要なことは互いに助け合うことであると思います。自治体の長に徳のある人が立つことが急務です。福井県は文堂さんしかいないと思います。昨今の政治的な混乱、精神的な内戦を見るにつけ、一日も早く県知事になって欲しいと痛感します。
カナリアさん
・・・・・・・・・・

9月4日(木曜日)

最近マナーが忘れられていることを痛感します。図書館をよく利用するのですが、平気でお茶を飲む、普通に話すなど常識では考えられない事をよく目にします。職員に注意を促しても、館内放送ですませてしまいます。もちろん効果はありません。さらに、身体障害者用の駐車スペースに平気で止める人達。福井県はハードの面では、新しい図書館もでき、十分整っています。しかし、そこに暮らす人たちは基本的なマナーも知らずに、施設を使っているのが現状です。よりよい福井を目指すためには、県庁の改革も必要ですが、そこに暮らす人たちの啓蒙活動こそが必要だと思っています。
hi_haさん
・・・・・・・・・・

9月1日(月曜日)

支援者のみなさ〜ん、お元気ですか・(^!^)(^!~)さんは阪神タイガ−ズ5連勝で喜んでいます・・「ぶんどう後援会」は優秀な人材が多く、常識在る心やさしい支援者が多い、本当に素晴らしいと思います、固いきずなで結ばれてる事は私達後援会の誇りだ、埼玉県知事選挙の結果がでました・・「官対民」を全面に、改革派知事らが応援!と新聞紙上に大きく掲載されている・・これからは「官中心から民を大切にする」時代だ、新しい地方政治は「官から民」に移行すべきだ〜、と繰り返し情熱的に訴え続けた「高木文堂だった」・・他県は大差で勝利できるが、福井県には常識派が勝利できなかった、何が足らなかったのだろう?、推薦団体は何一つなく(唯一、田中康夫長野県知事が応援下さった)・・完全な「草の根」、「ボランテイア−」運動で、土俵際まで追いつめた、福井県民20万の票は高木文堂の財産で在る!・・「頑張れ高木文堂」・「絶対負けるな」・・今週も祝福されます様に・・
(^!^)(^!~)たより
・・・・・・・・・・

9月1日(月曜日)

 埼玉知事選の結果は驚きました。総務事務次官、つまり、霞ヶ関の序列で言えば西川知事の上の上の、そのまた格上の候補者が、ダブルスコアに近い大差で敗れ去ったのです。
 過去の東京都知事選では官僚組織の最高位である内閣副官房長官が負けてますが、田舎の(失礼!)埼玉でこんな結果が出るとは思いませんでした。
 埼玉よりさらに田舎の(たいへんに失礼!)福井にも、この流れは影響します。高木知事を、是非実現しましょう。
オレンジリボンさん

前月   次の月   過去の日記 +MENU+  

高木ぶんどう後援会 © 2000-2003 TEL:0776-34-3445 FAX:0776-34-3447 MAIL:web@bundo.com